FAMiIKU利用規約

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます)は、特定非営利活動法人チャイルド・ギフト(以下、「当法人」といいます)が提供するチャイルド・ギフト式ペアレントトレーニングFAMiIKU(ふぁみいく)(以下、「FAMiIKU」といいます)の利用条件を定めるものです。FAMiIKUを受講されるご家族(以下、「受講者」といいます)あるいは、FAMiIKU受講修了後も居場所としてFAMiIKUを利用されるご家族(以下、「FAMiIKU利用者」といいます)には、本規約に従って本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)

1. 本規約は、受講者、及びFAMiIKU利用者と当法人とFAMiIKUの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
2. 当法人はFAMiIKUに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等,各種の定め(以下、「個別規定」といいます)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
3. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条(登録)

1. FAMiIKUにおいては、FAMiIKU受講希望者が本規約に同意の上、受講料を納入し、当法人が入金、及び指定のフォーム受信後にFAMiIKU登録が完了するものとします。
2. 当法人は、FAMiIKU登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
1. 登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
2. 本規約に違反したことがある者からの申請である場合
3. その他、当法人が登録を相当でないと判断した場合

第3条(料金と納入方法)

利用者は、賛助会員に入会し、FAMiIKUの年会費を当法人が指定する方法にて納入するものとします。賛助会員入会とFAMiIKU利用者申請を同時に行っても良いものとする。

第4条(禁止事項)

受講者、及び利用者は、FAMiIKUの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
1. 法令または公序良俗に違反する行為
2. 犯罪行為に関連する行為
3. FAMiIKUの内容等、FAMiIKUに含まれる著作権、商標権ほか知的財産権を侵害する行為
4. 当法人、他の受講者、及び利用者に対する迷惑行為
5. FAMiIKUによって得られた情報を商業的に利用する行為
6. 当法人の運営を妨害するおそれのある行為
7. 他の受講者、及び利用者に関する個人情報等を収集または蓄積する行為
8. 不正な目的を持ってFAMiIKUを利用する行為
9. FAMiIKUの受講者、及び利用者、当法人の他のサービス利用者、あるいはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
10. 他の利用者に成りすます行為
11. 当法人が許諾しないFAMiIKU上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為
12. 当法人のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
13. その他、当法人が不適切と判断する行為

第5条(FAMiIKUの提供の停止等)

1. 当法人は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用者に事前に通知することなくFAMiIKUの開催または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
1. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、FAMiIKUの開催が困難となった場合
2. その他、当法人がFAMiIKUの開催が困難と判断した場合
2. 当法人は、FAMiIKUの開催の停止または中断により、利用者、あるいは第三者が被ったいかなる不利益、または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第6条(利用制限および登録抹消)

1. 当法人は、受講者、あるいは利用者が以下のいずれかに該当する場合には、事前の通知なく、受講者、あるいは利用者に対して、FAMiIKUの全部もしくは一部の利用を制限し、受講者、あるいは利用者としての登録を抹消することができるものとします。
1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
3. 年会費の支払債務の不履行があった場合
4. 当法人からの連絡に対し、一定期間返答がない場合
5. その他、当法人がFAMiIKUの利用を適当でないと判断した場合
2. 当法人は、本条に基づき当法人が行った行為により利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第7条(解約、及び退会)

受講者、及び利用者は、当法人の定める手続により、本サービスから解約、あるいは退会できるものとします。

ただし、受講料、及び年会費の返金は無いものとします。

第8条(保証の否認および免責事項)

1. 当法人は、FAMiIKUに起因して受講者、あるいは利用者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当法人と受講者、あるいは、利用者との間の契約(本規約を含みます)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
2. 前項ただし書に定める場合であっても、当法人は、当法人の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為により受講者、あるいは利用者に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当法人または受講者、あるいは利用者が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます)について一切の責任を負いません。
3. 当法人は、FAMiIKUに関して、受講者、あるいは利用者、または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第9条(カリキュラム内容の変更等)

当法人は、受講者、あるいは利用者に通知することなく、FAMiIKUのカリキュラム内容を変更、または一部のカリキュラムを中止することができるものとし、これによって受講者、あるいは利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。

第10条(利用規約の変更)

当法人は、必要と判断した場合には、受講者、あるいは利用者に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお、本規約の変更後、FAMiIKUの利用を開始した場合には,当該受講者、あるいは利用者は変更後の規約に同意したものとみなします。

第11条(個人情報の取扱い)

当法人は、FAMiIKUの利用によって取得する個人情報について、当法人の「個人情報保護方針」に従い適切に取り扱うものとします。

第12条(通知と連絡)

受講者あるいは、利用者と当法人との通知、または連絡を、当法人の定める方法、ファシリテーター代表の(LINE)によって行うものとします。

第13条(権利義務の譲渡の禁止)

受講者、あるいは利用者は、当法人の書面(電磁的方法)による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第14条(準拠法・裁判管轄)

1. 本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
2. FAMiIKUに関して紛争が生じた場合には、当法人の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。