協会設立趣旨

療育施設(放課後等デイサービス等)では、有資格者が支援するので、利用者(当事者)が困ることは少ない。
しかし、保育園・放課後児童クラブ・民間の学童などでは支援員はいるものの発達障害を理解して適切な支援ができる支援員は少ないことから、当事者の気持ちを理解できる支援員を増やしたいと考え協会を設立することにしました。

発達障害の支援

神経発達障害群(発達障害)は、生まれつきの脳機能の発達問題であり病気ではないため「治る」ものではなく「改善」できる可能性のある症状です。
そのため、乳幼児・児童期だけの支援で済ませられるものではく成人になってからも支援が必要な場合があると当協会は考えています。ですからライフステージのスタイルに合わせたサポートができるように、当養成講座も3ステージに設定し実践に強い支援員を目指すために一年という長期間の講座にしています。
神経発達障害群(発達障害)の方々は日常生活に支障を感じるほどの特性があるだけで、特性はあるが日常生活に問題のない一般の方と同じように特性以外の環境や発育時の問題も抱えるようになります。そのため、育児、心理学、カウンセリング等の課題も養成講座に含まれています。
発達障害ライフサポートメンターは、当事者のライフステージにあった支援ができるエキスパートです。

受講日程

セレンディピタススペース川口 5F
毎月、第2土曜日 19:30から21:30

受講料

入会金:11,000円
受講料:33,000円
資料代:3,300円
認定試験時には別途試験料(11,000円)が必要になります。

受講申込

問い合わせ・申し込み
Tel. 050-5236-7512