代表理事はこんな人・・・

息子と私

代表理事:吉野春江(よしのはるえ)

心理カウンセラー、発達障害ライフサポートメンター
ペアレントメンター、ピアサポーター

※ 動画の中で「発達障害の特性を欠点」という言い方をしていますが、これは特性を欠点と思い辛い思いをしている人がその欠点と向き合うという意味であり、発達障害の特性すべてが欠点であるという意味ではありません。誤解を与える表現をして申し訳ございません。

1970年9月21日、沖縄県生まれ。
2012年に、長男が発達障害であることが判明。同時に医師より、本人も発達障害であることを告げられ、40代にして初めて、自らも発達障害当事者であることを認識。

子どもの頃から「私は周りの子とは違う」と感じながら育つ。「算数障害、読字障害」の傾向がある為、中学時代にはテストは赤点ばかり。そうした特性が原因で、母親に叱られる事もしばしば。
他人の気持ちが分からず、クラスメートを傷つけてしまう事もあったが、当時はその意識はなく、数年経ってから自分が相手を傷つけていたという事を知る。

いじめにあった事もある。当時はなぜいじめられているのか分からなかったが、今なら「発達障害の特性が原因だった」とはっきり分かる。
自分と同じような思いを、息子に、そして、発達障害を持つ多くの方々にもして欲しくない。

そうした願いから、特定非営利活動法人チャイルド・ギフトを2013年に設立。
発達障害当事者の周りにいる多くの方々に、発達障害とは何か?という正しい知識を持っていただくとともに、発達障害に対する誤解や偏見を無くし、互いにより幸せな毎日を過ごして欲しい。

発達障害を持つ当事者の方々にも、自らの特性を正しく認識していただき、自分自身を理解する一助にして欲しい。
そうした思いを胸に、埼玉県を中心に発達障害の支援活動を続けている。
主に児童向けに培った発達障害支援の経験とノウハウを、企業人事の世界に横展開するために、多方面へ奔走中。

正会員の大山さんとしりとりゲーム中の吉野
正会員の大山さんとしりとりゲーム中

他者から見た吉野

そこいらの気になる人物編 吉野春江さん

ぼくは、気がつけば吉野さんとはいつのまにか長い付き合いになってしまったので、ここに至るまでにたくさんの苦労があったことも知ってますが、彼女は常に現状を楽しむ前向きさを持っている。
吉野さんとフェイスブックで繋がっている人なら知ってることですが、彼女の日々発信している情報数はもしかすると、国内でもトップクラスじゃないだろうか。
シリアスなこと、落ち込んだこと、怒っていること、嬉しいこと、お腹が空いたことから、どこか痒い話しまで。

一番多いのは失敗談かな。

思い浮かんだことが全て文字情報として発信される。

彼女の言う、落ち着いて見えても頭の中が多動というのは、つまりこういうことなんだと思う。

蕨のあぶらびなものごと
http://aburabi.seesaa.net/article/464500928.html

まず、吉野さんを語るうえで、発達障がいは避けて通れません。

だけど、避けて通るのが自分で書いてる自由さでもあので、発達障がいについてはあくまでも吉野さん本人を紹介する目的、本人が話したことまでの範囲にとどめておきます。
私はこれはできないからやらない、と言っている場面を何度か目撃しましたが、一般的には、とりあえず頑張ってやってみようよ!とか、努力してみて!とか言われる部分でしょうが、できないものはできないと言うことの大切さと、それを理解してフォローできるまわりの環境。

吉野さんのチームを見て、こういうのが大切なんだというのがよくわかります。

蕨のあぶらびなものごと
http://aburabi.seesaa.net/article/464562485.html

彼女は格闘技だけでなく、雨を降らす妖術や麻雀のイカサマも身につけているので、万一そのようなことが発覚した場合、経営者はそれなりの覚悟が必要です。

ただのリトルパープル(※)だと思って、侮ってははいけない。

(※類似:リトルグレイ・リトルグリーンなど)

蕨のあぶらびなものごと
http://aburabi.seesaa.net/article/464605517.html

賛助会員(2番目に入会)の田口智章さんの書いてくれた田口さんから見た吉野代表
もちろん面白おかしく書いていますが、吉野代表の人柄がわかるような記事だと思います。

裏話・・・この記事を読んで吉野代表が泣いたとか鳴かなかったとか

癒しフェア川口開催時の吉野代表と田口智章さん

田口智章さんのブログです↓
蕨のあぶらびなものごと
http://aburabi.seesaa.net/