治療薬で治る? ADHD に処方される薬

今日は、治療薬で治る? ADHD に処方される薬というテーマでお話ししたいと思います。

私は、診断が出てから10年近くストラテラを服用しています。
正直なところ、一時期止めた時もありました。
あんまり変化がなくて、飲んでいないときの方が少し鬱っぽかったというか、やる気が出ない感じもあったので再度服用を始めました。
薬を飲んで変化があるのっていわれたら、正直なところよくわかりません。

息子も同じくストラテラを服用しています。
ストラテラを服用していますが、それで劇的に変わるのかと言えば正直なところ変わりません。
というのは、ストラテラというのは中枢神経に刺激を与えてよくするのではなく、しかも飲んですぐに効くものでもなく、数か月経ってから徐々に効いてくるというのが一般的らしいです。
中にはストラテラを飲んでものすごく改善された、変わったという人もいるらしいのです。

他の非中枢神経刺激薬(中枢神経に刺激を与えない)では、インチュニブというのが数年前に出ました。
これはまだ成人向けには出ていなかったのではと思います。
ストラテラとコンサータ(中枢神経刺激薬)については、小児・成人とも保険が適用になっています。
他に去年新しくでましたビバンセは、中枢神経刺激薬でこちらもまだ成人向けには出ていなかったと思います。

インチュニブについても劇的に変化が出たという方と全く変化がわからなかったという方の意見があり、副作用も含めて個人差があるようです。
副作用で言えば、インチュニブでも服用が続けられなかったという人もいますし、ストラテラに関しても食欲不振とか夜が眠れないという人もいるし、かと思えば食欲旺盛になったり、眠くてしょうがないという人もいます。
私はストラテラを服用して最初は副作用は感じなかったのですが、半年くらいたってつわりの症状が出てきてしまったことがありました。
あとは頻脈もありました。
通常心拍数が50のところが70や80になって救急に行ったことがあります。

そして、ADHDは治療薬で治りますかということですが、効く人もいれば効かない人もいる、また効いたからといって完治するわけではありません。
完治ではなくていい方向に向かうという感じです。
例えば、コンサータを服用している成人の方で働いている方も多いですが、服用している間はすごく効いているのですが、薬が切れてしまうとダメになってしまう、そういうところはあります。

ストラテラに関しては服用しても効いているのかよくわからない、飲んでいる方がちょっとましかなという程度です。
そして、集中力にスイッチを入れるものではなくて集中力を保たせるようなものなので、あまり気が付かないのかもしれません。
ですから、治療薬で完治するということはありません。
効き目も副作用もそれぞれです。

服用についてはお医者さんと相談をしてください。
中枢神経刺激薬であるビバンセとコンサータについては、処方できる医師と薬局も限られていますので、自分が通っている病院で必ずしも処方されるとは限りません。

今日は、治療薬で治る? ADHD に処方される薬というテーマでお話をさせていただきました。

それではまた!

音声反訳:yoshiyuki kato

前の記事

コロナに負けない!