居場所

私は、今の状態(生活環境、友人、協力者、支援者…)だから生活できますが、協力者、支援者、生活環境等も変われば、恐らく再び寝たきりの状態に戻ることでしょう。
なぜなら、、、
今のこの状態が大きな居場所(温室)だから。
そこを出て生活するとなると…
やはり障害が多くて生きることが辛くなる。
療育をうけ、ご両親がサポートしている間はそこが居場所(温室)。
居場所(温室)から出たとき、周囲の人々が発達障害の特性を受け入れてくれるとは限らない。
自己管理ができていない
努力と向上心がない
歪んだ考え方の性格
気持ちの分からない冷たい人
頭が良いだけの自己中
配慮が必要な面倒な人
そんなふうに思われるかもしれない
・・・
社会に出て自分が生活していく居場所(温室)を見つけるまでは、色々とつらい思いをするかもしれない。
だから…今
療育を受けている間に…
ご両親のサポートがあるうちに…
(子供だから)と許してくれるうちに、居場所(温室)を出たときの事も考えなきゃ…
辛いのは当事者だから