こどものストレス

2020年4月3日(金)14:20~ FMKawaguchi
サウンドカフェ(発達障害を知ろう:毎週第一金曜日)放送抜粋

コロナウイルス感染拡大のこの時期のストレス

子ども達は外に出られない、イライラしがち。
それにに加えて、今いちばんストレスに感じていることは、
今後の見通しが立たないこと。
”いつからこうなる”がわからない。

3月に学校できちんとさよならも言えていない。
前もって新学期の準備もできない。

どうなるかわからない不安のなかで、
世の中の変化、親の不安な感情を感じすぎてしまう子供もいます。

生活のなかで睡眠にも影響が出てきます。
自傷行為やチックなどが出てきてしまう子どももいると思います。

乗り越えていくには

爆発しそうになったら、声を出して泣かせてあげること。
声を出すことが重要。

コロナウイルスについてはだれが悪いわけではない。
理由なんてなんでもいいから泣いてスッキリしたほうがいい。

今は泣かせてあげることが重要。
様々な症状が出てしまうかもしれません。
極端なことを言えば、自傷行為でもOKです。もちろんケアが必要ですが。

けがをしない程度、物を傷つけない程度に叩くとか殴るとか。
ストレス発散なので、やらせてあげてほしいです。

子ども達の「思っていることが表現できないイライラ」からそういう行動がでてきます。
我慢させないことが大切です。

この状況はいつまで続くかわかりません。
ストレスはこれからも抱え続けることになります。

その日その日で予定の変更が起きることもあります。
それ自体がストレスになってしまうんです。

学校でもフォローを

今後、学校が再開されても授業内容が日々変わってくるかもしれません。
それが子ども達には常にストレスとなります。

家でのフォローも大切ですが、学校でもストレス発散を許容してくれることを望みたいです。
特別支援クラスでは、配慮してもらえるかもしれませんね。
通常クラスでも先生の方から手を差し伸べてサポートしてほしい。
そのために担任の先生などに前もってお話ししておいてほしい。

やはりハグすること

落ち着いているようでも子どもはストレスを抱えているはずです。
昼間は良くても寝ているときに出てきます。寝言、歯ぎしり、眠りが浅いなど。

親は、行動が出てきたら怒るよりも泣かせてあげてください。
そして、そのあとにハグしてあげてください。

これは大人にとっても同じかもしれないですね。

難しかったら私にコンタクトをしてください。力になります。

2020年4月3日(金)
FM Kawaguchi 856 studio サウンドカフェ

前の記事

臨機応変