DLSM認定試験

先日、DLSMの認定試験があったわけですが…
ぴょんぴょんも暇を持て余し…
「僕も受けて良い?」と聞くので、邪魔にならなければね…
ってことで受けさせた。

自閉症の児童との会話やADHDの児童への対処の仕方について100%とは言えないが…
良く理解していることに驚いた。

作話や嘘吐をつく児童への対処は、本人も良くわかっている、そりゃ〜何度も経験しているしな〜^^;
穴埋め問題では、セルフモニタリング、注意欠陥、共感性の乏しさ、環境構築…など
自分にあてはまることはよく理解していた。

放課後等デイサービスに通うようになって、改めて自分を客観的に見ることができてきた。
他の児童がパニックになると…どうすれば良いのか、それは自分にあてはまること…
放課後等デイサービスに通ったから、特性が治るわけではない。

しかし、こんな時どうすれば良いのかが学べるので、ずっと家庭内療育だったぴょんぴょんを信用できる放課後等デイサービスに通わせたのは5年生の頃
他者と比べるためではなく、他者を見ることで、自分の行動を客観的に見てほしかった私としては結果が出てるわけですよ。

まだまだ、自立には程遠いし、じゃれ合っているつもりが本気になり友達を傷つけることもある。
それでも、自分を知る事ができただけでも大きな成長です。

ぴょんぴょんは、#自閉スペクトラム症、#注意欠如多動性症 です。